HOME > 安いごぼう茶に効果はない?

安いごぼう茶に効果はない?

いざごぼう茶を飲んでみようと思っても、激安なものから高価なものまで値段もぴんきりであることに気付くはずです。
安いものは数百円から、高いものは数千円までありますが、どんなごぼう茶を選んだら良いのか迷ってしまいます。

消費者としては当然安い方が良いですが、効果がなければごぼう茶を飲む意味すらありません。
それに美味しくなければ続けることも難しいですね。

とはいえ高いごぼう茶が栄養価が高くて美味しい保障などありませんし、経済的にも続けるのが困難になります。
どのごぼう茶を選んだら良いか分からないという人は自分で作ってみるのも良いかもしれませんね。

ごぼう選びから焙煎加工まで自分で全て手作りするのですから、味も効能も自分次第というわけです。
ただし手作りのごぼう茶は賞味期限が短くなりますし、品質の低下も早いので保管方法には注意してください。

いずれにせよ手作りのごぼう茶は面倒くさいので、続けられるかという問題が出てきますが、安いごぼう茶を買おうとしている方は絶対ごぼうも皮も丸ごと焙煎加工したものを選ぶようにしてください。
皮つきか否かで含まれている栄養素が雲泥の差になります。

安いごぼう茶は皮を取り除いている可能性がありますし、あるいは皮だけをお茶にしてあるものも栄養素に不安が残ります。
ごぼうを丸ごと加工してあるお茶が一番良いと思います。

とはいえ皮ごと加工してあるということは農薬や化学肥料の使用の有無が心配ですね。
海外産はどんな肥料を使用しているか分かりませんので、肥料は心配な方は国産を選んだ方が良いでしょう。

このように色々考えを巡らせていると、安いごぼう茶が良いとは限らないことが分かると思います。
かといって高ければ良いごぼう茶というわけではありませんが、値段は生産、加工にどれだけ手間をかけているかの一つの目安にはなります。

どんな高いごぼう茶でも1杯100円ちょっとだと思いますから、月換算でもせいぜい3千円程度です。
まずはクチコミやランキングを参考にして、お試しを利用するなどして色々なごぼう茶を試してみるのも良いかもしれません。