HOME > ごぼう茶の有効成分は何?

ごぼう茶の有効成分は何?

ごぼう茶は健康や美容、ダイエットにもおすすめな飲み物ですが、一体どんな成分が含まれているのでしょうか。
ごぼう茶の有効成分を考えるにあたって、ごぼうの栄養素について考えてみましょう。

ごぼうはシャキシャキとした食感が特徴的ですが、ごぼうはリグニン、セルロースといった食物繊維が豊富です。
食物繊維は人間の消化酵素では消化できず、昔は食物繊維に栄養などなく摂取しても無駄という考え方がありましたが、現在では食物繊維の有効性に注目が集まっています。

食物繊維は腸を刺激して有害物質の排泄を促したり、腸内で発酵してエネルギー源となったり、乳酸菌などの善玉菌を増殖させる作用があると言われています。
またコレステロールや糖分の吸収を緩やかにし、血糖値やコレステロールの上昇を抑える働きがあることも分かっています。

健康のためには食物繊維も欠かすことが出来ない栄養素といえるでしょう。
しかしごぼうの有効成分は食物繊維だけではありません。

ごぼうにはカリウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富ですし、何といってもポリフェノールの含有量が高く、抗酸化力は野菜の中でもトップクラスの実力を持っています。
ごぼうは非常にアクが強い食べ物です。

ですからごぼうを食べるときアク抜きをするのですが、このアクこそごぼうのポリフェノールの正体なのです。
ポリフェノールには活性酸素を除去したり、脂質の吸収を阻害してコレステロールの生成を抑制したり、血栓を溶かす作用があり、体の老化を防ぐといわれています。

ではごぼうをそのまま食べればよいのでは?お茶にするメリットはあるのかという話になってきますが、ごぼう茶にするメリットはたくさんあります。
毎日ごぼう料理を作るのは大変ですし、お茶なら気軽に飲めますね。

それにごぼう茶の焙煎の過程で旨みが増したり、サポニンなどの栄養素が凝縮され、抗酸化力、栄養素がアップするというメリットがあるのです。
ごぼう茶はいつ飲んでも良いですが、食事の前に飲むことで脂肪の蓄積や血糖値の上昇を抑えるのでダイエットに高い効果がもたらされます。

さらに抗酸化力に優れているので、シミやシワ、くすみが出来にくくなるので、いつまでも若々しくいられるというわけです。な
おごぼう茶にはアトピーなどのアレルギー疾患を改善させる効果もあるようです。

体質改善でアトピーを治す方法はこちらにも書かれていますので、よろしければご覧ください。