HOME > ごぼう茶でお酒に強くなる

ごぼう茶でお酒に強くなる

お酒の席は非常に楽しいもので、つい飲み過ぎてしまう方もいらっしゃることでしょう。
お酒を飲んでいるときは良いのですが、飲み過ぎると吐き気を催したり、次の日頭痛や胃痛が辛いなど二日酔いを引き起こすこともあります。

後悔することが分かっているのについつい飲み過ぎてしまう、お酒というのは本当に怖いものです。
でもいくらお酒を飲んでも平気という人もいますし、1杯飲んだだけでフラフラになってしまう人がいますが、この違いは何故生まれるのでしょうか。

お酒にはアルコールが含まれていますが、このアルコールを分解、無毒化するのが肝臓です。
ですからお酒に強い人は肝臓の機能が元々強いのでしょう。

悪酔いしないためにウコンを飲む人がいますが、ウコンには肝機能を強化する力があるので、お酒に酔いにくくなるのでしょう。
実はごぼう茶にも悪酔いを防止したり、二日酔いの症状緩和に効果があるのをご存じでしょうか。

ごぼう茶にアルギニンという成分が含まれており、アンモニアの解毒を助けたり、肝機能を高める作用があると言われています。
滋養強壮にも効果があるとされ、かの豊臣秀吉もごぼうを好んで食べていたようですね。

肝臓は沈黙の臓器と言われますから、多少悪化しても自覚症状がなく、取り返しのつかない状態になってから肝硬変や肝臓がんとなって表面化すると言われます。
普段から肝臓に負担をかけ過ぎないよう注意してください。

お酒もほどほどにし、ごぼう茶を飲むなどして肝機能が低下しないよう配慮してください。
休肝日も週に1,2回程度は設けた方が良いかもしれませんね。