HOME > 尿路結石が怖いならごぼう茶を飲もう

尿路結石が怖いならごぼう茶を飲もう

尿路結石という病気を知っていますか。
実際に尿路結石になった人に話を聞くと、お腹や背中、腰回りなどに激痛が走り、とても立っていられない状態になると言います。

もう二度とあんな思いはしたくないという人が大半ですが、残念ながら一度でも尿路結石になると再発する可能性も高く、2割から5割の人は再び尿路結石になってしまうようです。
尿路結石というぐらいですから、尿道や膀胱に結石が出来るものと思ってしまいますが、そうとは限らず、腎臓や尿管に結石が出ることもあります。

むしろ腎臓や尿管に結石が出来る人が多く、特に腎臓に結石が出来ても特段痛みもなく、症状が出ないので気づかずに放置してしまう人が多いようです。
その後結石が移動して尿管に到達すると、たちまち激痛が生じるようになるのです。

痛みが無い内に結石を除去したいのであれば、健康診断などでX線検査を受けることと、尿の様子がおかしいと感じたらすぐに病院で診てもらうことです。
さて、尿路結石にならないためにはどうすれば良いのでしょうか。

一般的にはお肉などの動物性タンパク質をたくさん摂取すると、体内にシュウ酸が大量に発生し、排泄されずに残ったシュウ酸がカルシウムと結合して、結石になると言われています。
ですからお肉など動物性タンパク質を含む食品を食べ過ぎないこと、野菜をたくさん食べて、水分をこまめに補給することが尿路結石予防としては有効になります。

しかし紅茶やコーヒーはシュウ酸を多く含むので、水分補給とはいえ、飲み過ぎるとかえって尿路結石のリスクを高めます。
そこで、水分補給のためには、ごぼう茶を毎日飲むことをおすすめします。

ごぼう茶を毎日飲むと、尿路結石の発症リスクを低くすることが出来ます。
結石が出来るのを防ぐには繊維質を含む食べ物や飲み物が最適なのですが、ごぼう茶は食物繊維が豊富ですし、同時に水分補給も出来ます。

それだけではなく、ごぼう茶にはカルシウムの結石化を防ぐクエン酸やマグネシウムも含んでいます。
尿路結石になったことがある人は分かると思いますが、その痛みは地獄の苦しみと言っても過言ではありません。

普段からごぼう茶を飲んでいれば、結石の恐怖におびえる必要などありません。
是非ごぼう茶をお試しください。