HOME > ごぼう茶を飲んで加齢臭が無臭になる

ごぼう茶を飲んで加齢臭が無臭になる

最近加齢臭が気になる、枕がオヤジ臭いという人はいませんか。
人間に限らず、生き物というのは自分自身の臭いに非常に鈍感です。

生きるための防衛機能ではあるのですが、知らず知らずの内に周りの人を不快にしているかもしれません。
夏場の満員電車、特に帰りの満員電車の中に立ち込める臭いは正直きついですよね。

もしかしたらあなたもその臭いの原因になっているかもしれません。
加齢臭をそのままにしていたら、見ず知らずの他人ならともかく、近しい人にも嫌われてしまうかもしれませんよ。

少しでも加齢臭が気になる、という人は是非ごぼう茶を飲んでください。
ごぼう茶は口臭や体臭、わきがなど体から発せられる臭いを抑えるのに有効なお茶なのです。

そもそも何故加齢臭が発生し出すのは知っていますか。
加齢臭の元はノネナールという物質であり、襟元や耳の裏からたくさん分泌されます。

ですからお風呂に入ったときは首回りや耳の裏、頭皮や肩、背中などを石鹸やシャンプーでしっかり洗い流すことが大切なのです。
しかし臭いが発生する根本原因をなんとかしないと、時間が経てば経つほど強烈な臭いが再び発生するようになります。

若い頃は平気だったのに、年を取ると臭いがきつくなるのは、おそらく内臓の働きが低下することに大きな原因があると考えられます。
良くお酒を飲む人やタバコを吸う人は臭いがきついですが、こちらも内臓の働きが低下しているためで、臭いの原因物質である食べ物や飲み物を消化吸収したり、老廃物を排泄する機能が上手く働いていないことが考えられます。

つまり臭いの原因物質が分解、排出されないまま、どんどん体の中に溜まっているということです。
良くお肉を食べると臭いがきつくなりますが、これはお肉が難消化性食品であり、なおかつ脂質が多いので、血管を含む内臓に脂肪や老廃物が溜まりやすいためなのです。

ですから内臓の働きを助けたり、正常な状態に回復させるためにごぼう茶を飲むのです。
ごぼう茶にはサポニンや食物繊維といった、内臓に溜まった脂肪や老廃物をお掃除する栄養素や成分が豊富に含まれています。

そのため、ごぼう茶を飲むと臭いの原因物質がどんどんと体外へ排出されるので、体の中から綺麗になって臭いが無くなるというわけです。