HOME > 血圧降下作用のあるお茶を食後に飲む

血圧降下作用のあるお茶を食後に飲む

健康診断で血圧高めと診断されたとき、ちょっと衝撃でした。今までどちらかというと血圧は低め、手足も冷たくて、朝も弱く寝坊もしょっちゅうで、12時くらいまで声がまともに出ない、それぐらい低血圧だった私が血圧が高いと診断されたのです。どうりで最近朝、目がぱっちり覚めるなあとか、手足が温かいとか感じていたのですが、血圧が上がっていたのですね。嬉しい反面、自分も年を取ったなあと感じてしまいました。そんな話はさておき、血圧が高いと腎臓に負担がかかると言いますし、血管に絶えずダメージを与えることになると言います。また脳梗塞や脳卒中、心不全や心筋梗塞、腎不全など血液が流れている体の至るところに影響が出て、色んな合併症を引き起こすと言いますから、なんとかしないといけません。そこで私が始めた血圧降下作戦の一つがお茶を食後に飲むことです。一昔前はご飯を食べたらお茶を飲む習慣がどんな家庭でもあったものですが、最近はお茶を飲む人も減りましたね。しかし食後にお茶を飲むことで血圧を下げることが出来ますし、殺菌作用もあります。食後にお茶は実に理にかなった健康法だったのです。それにお茶にはカテキンという抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれています。カテキンは抗酸化作用の高いビタミンの数十倍も抗酸化作用があり、血圧の上昇を防ぐには優れた飲み物なのです。緑茶でも構いませんし、ウーロン茶や紅茶でも良いでしょう。ただ茶葉を発酵させるほど、カテキンの含有量は減ってしまいますので、出来れば緑茶の方が良いですかね。また個人的におすすめしたいのがドクダミ茶です。ドクダミ茶はお肌に良い成分が豊富なのですが、高血圧予防にも効果があると言われています。カリウムはもちろん含まれていますし、クエルシトリンと呼ばれる成分が血管を強く丈夫にしてくれるので、血圧が高いことで血管が傷つくのを防ぐことが出来ます。さらに血小板が凝固するのを阻害する作用もありますし、マグネシウムの働きで血液中の糖がエネルギーに代謝されるため、血管の弾力を失わせる糖化を防ぐ働きも持っています。またごぼう茶は脂肪燃焼効果によって、血圧を下げてくれます。ごぼう茶は女性ホルモンの分泌を促進するので、更年期障害を和らげてくれます。これらのお茶を意識的に飲むことで高血圧を防ぐことが出来ますから、是非食後のお茶習慣を始めてみてください。


▲ページトップに戻る