HOME > 血圧を下げる食べ物は何があるの?

血圧を下げる食べ物は何があるの?

血圧を下げる食べ物は意外とたくさんあります。野菜や果物はもちろん、お肉やお魚にも血圧を下げてくれる食べ物があります。野菜でいえば玉ねぎやにんにくなどの根菜類、トマトやほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、サツマイモやサトイモなどの芋類、シイタケやしめじなどのキノコ類など、実に多くの種類があります。なんといってもトマトはカリウムが豊富なので、高血圧の予防に効果的です。トマトにはダイエット効果があるので若い女性の間で人気がありますし、男性でもトマトジュースを飲むようにしている人も増えつつあります。果物でいえば、バナナやリンゴ、柿、キウイ、アボカドなどがあります。一般的に野菜や果物はカリウムやマグネシウムなどのミネラルや食物繊維が多いので、血圧を降下させるにはもってこいの食べものです。特にカリウムは血圧を上昇させるナトリウムの濃度を下げる働きがあり、高血圧の人には積極的に摂って欲しい重要な成分です。ただ野菜や果物の中にも血圧を上げる食べ物もありますし、血圧降下剤を使用していると、必要以上に血圧を下げてしまいます。特にグレープフルーツやみかんなど、柑橘系の果物はカリウムの他、カルシウムやマグネシウムなど、血圧を降下させるクエン酸も含んでいますから、注意してください。ちなみにカリウムを効率よく摂取するには生のまま食すのが一番です。どうしても加熱しなければ食べられない場合は味噌汁やスープに入れると、カリウムがお汁に溶け込んでくれるので、栄養が逃げないのでおすすめです。またお味噌の原料である大豆も血圧を下げるミネラルが豊富ですし、納豆にするとナットウキナーゼの働きで血栓を溶かす作用がアップし、血圧も下がりますし、動脈硬化のリスクも下がります。それから高血圧に良い食べ物は何といっても海藻類です。例えば昆布やわかめですね。海藻類にはカリウムの他、アルギン酸と呼ばれる成分があり、カリウム同様、ナトリウムを排出して血圧を下げてくれます。このように血圧を下げる食べ物はたくさんありますから、食事のバリエーションが尽きることは無いので、上手に摂取していきましょう。


▲ページトップに戻る