HOME > 血圧を下げるために減塩はやっぱり効果的

血圧を下げるために減塩はやっぱり効果的

高血圧の予防には減塩が有効だと言われています。確かに食塩にはナトリウムが含まれておりますから、減塩をすることで血中のナトリウム量が減り、高血圧を予防する上で有効であることは、歴史的な論文を見れば分かります。しかし高血圧を予防するだけでなく、高血圧ではないが、予備軍である人の血圧を下げるためにも有効であることが最近の研究で分かりました。ちなみに1日に摂って良い塩分量はどれくらいだか知っていますか。食塩で換算すると、男性の場合は1日8g、女性の場合は1日7gが厚生労働省より2015年に発表された摂取量の目標値とされています。2010年では男性が9g、女性が7.5gでしたが、このように塩分摂取量の目標値が下げられたのは、日本人が生活習慣病の中で、高血圧になる人が最も多いとされているからです。高血圧が脳卒中や脳梗塞、動脈硬化や心臓病、腎臓病など、それこそ命を脅かす疾患を引き起こす恐れもあり、危険視されていることは言うまでもありません。そもそも何故血圧が上がるのかといえば、血圧は心臓から押し出される血液の量と、血流を調節する血管の収縮作用、それから血管の弾力性によって決まるのですが、塩分をたくさん摂ることで血中のナトリウム濃度が上がると、ナトリウム濃度を下げようと血液量を増やし、そのために多くの血液が血管を流れ、血管に対する圧力が上がることで起こります。そのため血圧が高い状態が続くと血管が強く圧迫され、負担を与えることになります。その結果血管は次第に弾力性を失い、さまざまな疾患を引き起こすのです。ナトリウムはカルシウムやマグネシウム、鉄分同様、体の調子を整える上で大切なミネラルの一つですが、適量を摂ることが何よりも大切です。ですから多すぎても少なすぎても体によっては良くないのです。ただ元々日本人の食事は海外の食事に比べ、塩分量が高く、平均しても13,4gの塩分を1日に摂取していると言われています。ですから日本人の場合、ナトリウムが不足することはあまりなく、むしろ過剰に摂取することを気を付けなければなりません。塩分の過剰摂取は水分を溜め込もうとして、むくみの原因になったり、ダイエットをする上でもマイナスに働くことがあります。血圧が正常であるから問題ないと思わず、普段から高血圧予防のために減塩をすることが大切です。


▲ページトップに戻る