HOME > アルコールが血圧に与える影響

アルコールが血圧に与える影響

お酒好きな人はとかく血圧が高めです。実を言うとアルコールと血圧との因果関係は詳しくは分かっていません。しかしながら飲酒によって高血圧になる可能性は高いようです。医学的にはお酒は血圧を上げることもあれば、下げることもあるようです。お酒を飲むと体が温まるのは、アセトアルデヒドに血管を拡張する作用があるためで、こう考えると飲酒によって血流が良くなり、血圧が下がると考えられます。しかしアセトアルデヒドは血液中の物質を酸化させ、次第に減少していきます。そうするとアセトアルデヒドの血中濃度が下がり、拡張していた血管が収縮していき、血圧が上がるということになってしまいます。つまりお酒を飲むことで血圧が下がるのはアセトアルデヒドが血中に存在している間のみで、その後は血圧を上げることになります。一般的にお酒を長年飲んでいる人は血圧が少しずつ上昇する傾向にありますが、これはお酒による影響なのか、それともお酒を一緒に摂取している食べ物やつまみが原因なのかもしれません。お酒は飲みすぎなければさほど血圧に与える影響は少ないと言います。例えばビールであれば一日中ビン1本程度、つまり500ml程度であれば毎日飲んでも血圧が極端に上がることは無いでしょう。日本酒であれば1合、焼酎であれば0.5合程度が推奨されておりますが、ワインの場合、他のお酒よりアルコール濃度が高く、グラス2杯、つまり250ml程度に抑えておきましょう。お酒を飲むことでストレス解消できるというメリットもありますし、適度にお酒を楽しむと血圧にも良い影響を与えます。ちなみに、お酒のおつまみとして枝豆などの豆類を食べるようにすると、血圧の上昇を防ぐことが出来ます。枝豆でも良いですし、豆腐でもソラマメでも構いません。豆類には良質なたんぱく質の他、カリウムが多いため、高血圧の予防に最適なのです。なお養命酒は一定量であれば代謝を促し、血行を促進するので、血圧に良い影響を与えるようです。養命酒には高麗人参が含まれているので、体にも良いのです。


▲ページトップに戻る