HOME > トマトは皮に栄養が詰まっている

トマトは皮に栄養が詰まっている

トマトに限らないのですが、野菜の皮には栄養がたくさん詰まっているのをご存じですか。ですから野菜の皮を剥いて食べている、という人は捨てずにそのまま食べて欲しいものです。ちなみにトマトの皮にはどんな栄養素があるかというと、代表的な成分がケルセチンやペクチンなどの食物繊維です。ケルセチンは玉ねぎの皮などにも含まれていますが、玉ねぎの皮はそのまま食べにくいものです。しかしながらトマトの皮はそれ程気にならずに食べることが出来るはずです。またペクチンという成分ですが、こちらはりんごやいちご、みかんなど、果物や野菜を問わず、色んな植物に含まれている成分です。野菜や果物を煮詰めてジャムを作ることが出来ますが、ジャムがゲル化して水分が流動性を失い、粘つくようになるのも、ペクチンの働きによるものです。こうした働きを生かし、食品の形を整え、崩さないために、色んな食品にゲル化剤として使われています。ペクチンを摂取するためには何もトマトを食べなくても、ペクチンを摂取することは出来るというわけです。しかしながら普段から全く野菜や果物を食べないという人はトマトでも、それ以外の野菜や果物でも、食べるようにした方が良いでしょう。ペクチンはコレステロール値を下げたり、食物繊維ですので下痢や便秘などを改善する整腸作用にも優れた働きを持っています。こういった働きを生かし、ペクチンは医薬品やサプリメントなどに色々利用されている成分なのです。最近太り気味という方や内臓脂肪の気になる方、下痢気味、便秘気味という人は積極的に摂取してほしい栄養素です。ダイエット中に野菜や果物をたくさん食べた方が良いのはこのためです。しかしそんなペクチンも過剰摂取には気を付けた方が良いと言われています。というのもペクチンはデトックス作用に優れているため、取りすぎると体内のミネラル分も一緒に排出してしまうというわけです。食べ過ぎなければ問題はありませんから、毎日適量を摂取するようにしましょう。