HOME > トマトの上手な保存の仕方

トマトの上手な保存の仕方

トマトはそれ程日持ちがする野菜ではありません。水分が多いので腐ると白いカビが発生したり、柔らかくなって皮にシワが出てきたりします。どの段階で腐敗しているか判断するのは難しいですが、カビが生えてきたら食べない方が良いかもしれません。なおトマトの消費期限を延ばすためにはどのように保管すれば良いのか、またどのくらい保存できるのでしょうか。トマトは完熟状態であるか否かで保管期間は異なりますが、一般的に冷蔵庫で保管すれば1週間以上は持つと考えられています。冬場であれば常温保存でも1週間くらい持ちますが、追熟させるのでなければ出来るだけ冷蔵庫の野菜室で保管した方が良いでしょう。常温保存だと2,3日しかトマトは持ちません。最適な保管温度は10℃前後と言われていますから、冷蔵庫の野菜室がベストです。なおトマトは切ったりせず、そのまま保管するのが一番長持ちします。ちなみにトマトと一緒に他の野菜や果物を保管していると傷みやすくなるのをご存じでしょうか。これはトマトからエチレンガスが発生するためで、特に果物はこのエチレンガスの影響を強く受けるので腐りやすくなります。早く熟させたい場合は一緒に保管することで早く食べごろになりますが、そうでなければ別に保管するか、トマトを袋などで密閉させて保管すると良いでしょう。このエチレンガスを大量に発生させるのがリンゴで、リンゴと一緒に他の野菜や果物を保管すると、驚くほど早く野菜や果物が傷みますので注意してください。ちなみにトマトは冷凍保存することも可能です。トマトを水洗いした後、雑菌の繁殖を防ぐためにヘタを取り、ジップロックなどの袋に空気を抜いて冷凍させます。冷凍保存すると1,2か月は持ちますし、状態が良ければ半年近く保存できることもあります。ただし冷凍保存した後は生食するよりも、加熱調理するなどしてソースにすると良いと思います。解凍させてもベチャベチャになるのでサラダにするのは難しいでしょう。