HOME > トマトの驚くべき美白効果

トマトの驚くべき美白効果

少しでも日差しがあると全身を覆って外出している女性を良く見かけます。こういう光景を見ると、やはり女性は美白になりたいと考えている人が多いのだと思います。シミやシワが出来たり、お肌が黒くなってしまうのは紫外線を浴びることでメラニンが生成されるからです。とはいえメラニンは悪者ではなく、紫外線から私たちの皮膚を守ってくれる大切な存在です。問題なのはメラニンの生成ではなく、活性酸素が大量に発生してしまい、肌が酸化してダメージを受けてしまうことにあります。ではどうすれば肌の酸化を防ぐことが出来るのか、美白になりたいと考えている女性に是非薦めたいのがトマトです。トマトにはリコピンという成分が豊富なのは有名な話ですが、リコピンは強力な抗酸化物質なのです。ですからトマトを食べることで活性酸素の発生が抑えられ、肌の酸化を防ぐことが出来るわけです。またそれだけではありません。活性酸素の発生を抑制できるためにメラニンの生成を抑制することにも繋がります。実際にイギリスのある研究ではトマトをたくさん食べている女性の肌は日焼けをしにくく、日傘を差しているのを同じくらい美白効果があるというのです。ビタミンも抗酸化作用のある栄養素として有名ですが、リコピンの抗酸化作用はビタミンの比ではありません。リコピンは、特に抗酸化作用の高いと言われるビタミンEの実に100倍もの抗酸化作用があるというから驚きです。リコピンは体内に蓄積しておける総量に限りがあります。ですからリコピンは毎日継続して摂取しなければ体内に蓄積しておくことが出来ないのです。ではトマトはいつ食べれば良いと思いますか。毎日食べていればそれ程リコピンを摂取するタイミングは気にしなくてよいのですが、一番リコピンの抗酸化作用を発揮してほしいのであれば、是非夜のトマトを食べるようにしてみてください。トマトを食べてもリコピンが吸収されて、お肌で抗酸化作用を発揮するには6時間以上かかると言われています。ですから夜トマトを食べれば翌日の日中に紫外線にさらされても、活性酸素の発生を防ぐことが出来るというわけです。トマトは完熟していて赤いものほどリコピンを多く含むと言いますから、トマトを選ぶときは完熟していて赤いものを選ぶようにしましょう。また抗酸化力の高い野菜は他にもあり、玉ねぎも抗酸化作用に優れた食べ物です。詳しくは玉ねぎのケルセチンの働きをご覧ください。